島をあげての伝統行事!

多良間8月踊り
手付かずの自然が残る美しい楽園・多良間島の伝統行事「八月踊り」。多良間島で旧暦8月8日から3日間行われる豊年祭で演じられる伝統芸能。重要無形民俗文化財に指定されている。

平成27年(2015年)『八月踊り』は
9月20日(日)から3日間!

平成27年9月20日(日) 仲筋正日
平成27年9月21日(月) 塩川正日
平成27年9月22日(火) 別れ

多良間8月踊り

石垣島と宮古島の中間に位置する多良間島。旧暦の8月8日から10日に行われる『八月踊り』のその歴史は琉球王朝時代までさかのぼり、人頭税の完納祝いを起源としているそうです。8月8日は仲筋、9日は塩川、10日は両字による公演が行われ、朝から晩までとにかくぶっ通しで続くお祭りで、3日間にわたり様々な芸能が演じられます。この時期には多くの観光客や研究者が多良間島を訪れます。

多良間8月踊り

一日目は「土原御願所」にて仲筋字が、二日目は「ピトゥマタ御願所」で塩川字が、三日目は両御願所にて両字が同時に祭りを行います。
朝1から夜まで、途切れることなく、数々の舞踊、狂言、組踊などの演目が繰り広げられます。

多良間8月踊り

備考

問合せ:多良間村役場観光商工課
TEL:0980-79-2260
多良間村観光協会公式サイト: http://www2.miyako-ma.jp/t-kankou/ibentnew.html
多良間村観光協会facebok: https://www.facebook.com/DuoLiangJianCunGuanGuangXieHui

宮古島ツアー 宮古島観光 オプショナルツアー 宮古旅倶楽部
スポンサーリンク