伊良部島を代表する、観光スポット!

下地島北部の海岸近くにある大小2つの円形の池で、海側(南側)の池が直径75メートル、水深50メートル、陸側(北側)の池が直径55メートル、水深40メートルである。地上からは2つの池が並んでいるように見えるが、これらは地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴で海とも通じている。「通り池」という名は、このような池の構造に由来する。この地形は、海岸にあった鍾乳洞が、波によって侵食されて大きくなり、天井が部分的に崩落して形成されたものと推測されている。このような地形はブルーホールとも呼ばれる

宮古島ツアー 宮古島観光 オプショナルツアー 宮古旅倶楽部
スポンサーリンク